地方の友人の結婚式ラッシュでお金を借りました。

私は地方から上京して大学に通っていたため、同じく地方から上京した友人が多数おりました。クラスメイトやサークルの知り合い等、いろんな県の出身者と友達になりました。大学を卒業すると私のように東京に残る者、地元に帰る人、就職できた先に引っ越した人などみんな散り散りになってしまっており、年に一回東京で同窓会をしていました。

そして、就職をしてから2年が経った頃に、長野出身の友人から結婚式の招待が届きました。しかもサークルの会長だった私はスピーチを頼まれたので、喜んで出席をすることになりました。

その準備をしている矢先に九州に帰っていたクラスメイトも結婚することになり、こちらは余興を頼まれたので出席をすることにしました。

まだ社会人2年目で彼女が居るわけでもなかったので、貯金等をすることもなく家にも仕送りをしていたので、2件の地方での結婚式ラッシュで一気に金欠となり、やむなく消費者金融から借り入れをしました。
消費者金融ランキング一覧

結局、若いうちは貯金もないですし、結婚式ラッシュになる可能性が多くそして自分自身も結婚するとなると本当にお金がないんですよね。

でも、結婚式のご祝儀って高すぎませんか?

大変だ~給湯器が完全に壊れた。けれどお金がない

我が家は当時父が借金の保障人になったのはいいのですが、保障した人に裏切られタチの悪い闇金に付きまとわれていました。

田舎の家なうえ本家だったので、大きな家を無理にして建てたせいで住宅ローンの返済はまだ15年残っていたうえ、祖母は入院していたのでその入院費もかなりかかっていたので、家計は火の車でした。

そんなある日、自宅の給湯器が完全に壊れてしまい、もうこれは買い替えないと無理ですね~と業者の人に言われてしまい、買い替えの金額を聞くと十数万と言われ、母はかなり愕然としたようです。お風呂も大きかったので、灯油で沸かす大きなタイプの給湯器を買ったのがあだになったのです。

新たにカードを作ってお金を用意するにしても急がないといけません。そこで即日融資ができるまとめサイトを参考に契約できそうな会社を探しました。
おすすめ参考サイト:http://モビット口コミ.tokyo/

夕食を食べている時突然そう言われ、私達家族は色々と悩みました。当時の我が家は預金の底はもうとっくに尽きていましたし、何と言っても父は脳梗塞で半身不随になり障害年金と母の給料、私の入れる生活費のみで暮らしていましたので、

仕方なく私のカードローンからお金を借りて給湯器を買いなおしました。

趣味でお金を借りる時

私が何を集めているかの具体的な話は少し恥ずかしいのでできませんが、私は子供向け玩具のあるものをコレクションする趣味があります。そもそも人気の高いものなので、普通に購入することも難しいです。

その中でレアなものとなると余計に手に入れるのが難しくなります。そのため通常の入手方法を取らず、単品の販売を行っているリサイクルショップに顔を出して、欲しいものが見つかったときに買うようにしているのです。

あるとき、ちょうど自分の欲しいものが店頭に出ていました。しかしその値段は5万円と
非常に高価でした。その時期ちょうど他の趣味にもお金を沢山使っていたので、自分の手持ちだけではどうしても買うお金を用意できませんでした。

これまた恥ずかしい話ですが、今まで現金主義だった私はカードローンを1枚も持っていなかったのです。5万円のお金を借りるためにカードローン比較とネットで検索して一定期間は無利息で貸付してくれるカードローンと契約する事にしました。
参考にした比較サイト:カードローン比較ガイド【即日キャッシングと審査・金利で比較】

そして無事その商品も購入することができました。もう少し判断や動きが遅ければ他の人に買われていた可能性もありますので、間に合ってよかったと心から思います。

しかも無利息期間があるカードローンだったので、翌月窓口で5万円を返済してそれからはほとんど使ってませんが何かあった時のために財布にカードを入れています。